On Tour 2022!

nalei_flyer.jpg

Discography

Nā mele o ʻāina Kepanī vol.2

01. つぼみの頃
02. 思い出の渚
03. お嫁においで
04. 亜麻色の髪の乙女
05. 青春の影
06. 少年時代
07. 会えないよ
08. 愛すること
09. 24時間の神話
10. 川の流れのように
11. 悲しくてやりきれない
12. 花
13. 君は旅人

 

WAIIAN RECORDS    WNCD-0004    
3,000yen (with Tax)

JKT_edited.jpg

Nā mele o ʻāina Kepanī

01. 星屑の空
02. 木蘭の涙
03. 上を向いて歩こう
04. 愛燦燦
05. あなただけを
06. Noho Paipai
07. いつまでも変わらぬ愛を
08. Stand By Me
09. 小さな竹の橋の下で
10. 見上げてごらん夜の星を
11. それだけしか言えない
12. He'eia
13. 浜辺の歌 -instrumental- 

 

WAIIAN RECORDS    
WNCD-0003   

赤いレイ


01. Ka'a Na 'Ale (ハナミズキ)
02. 君といつまでも
03. Ha'a Heo (Pride)
04. 海の声
05. 赤いレイ
06. 南国の夜 (Remix)

 

WAIIAN RECORDS    WNCD-0002    
1,500yen (with Tax)

Pākolu

01. Tuahine
02. Kaʻaahi Kahului
03. Ka Nani A’o Kaū
04. Lei Koʻele 
05. Pua Kiele 
06. Hoihoi Waiian
07. Na Te Moana
08. 南国の夜 
09. Hanalei Moon
10. うたのうた 

 

WAIIAN RECORDS    WNCD-0001 
2,500yen (with Tax)

Profile

na lei-01.jpg

「Nā Lei」とは、ハワイ語でたくさんのレイという意味。

木梨あき 、鈴木建吾からなる、ギター、ウクレレ、タヒチアンバンジョーやタヒチアンドラムまでを自由自在に演奏し、ハーモニーを重視したツインボーカルのハワイアンミュージックデュオ。

2006年結成。ライヴ活動の他にフラショウやコンペティションでの演奏など、日本全国から本場ハワイまで幅広く活動を行なう。ハワイアンミュージックのレパートリーは1000曲を超える。

2007年 「ジャパン・カウアイ・モキハナ・フェスティヴァル」にてバンド賞を受賞。

2008年 1st Album『He Lei Makana』をリリース。

2009年 赤坂BLITZにてワンマンライヴ。

2010年 ハワイ島メリーモナークフェスティバルに出演。

2011年 2nd Album『My Sweet Lei』をリリース。

2012年 『My Sweet Lei』がハワイのグラミー賞といわれる「Na Hoku Hanohano Awards International Album of the Year」にノミネート。

2015年 2月 新メンバー 鈴木建吾を迎える。9月 待望の3rd Album『Pākolu』発売。
2017年 木梨あき、鈴木建吾によるハワイアン・デュオとして新生Nā Leiをスタート。12月 ミニアルバム『赤いレイ』を発売。

2019年 日本の名曲をハワイアンアレンジでカバーした『Nā mele o ʻāina Kepanī』を発売。
2022年 大好評だった"Kepanīアルバム"第二弾『Nā mele o ʻāina Kepanī vol.2』を発売。

木梨 あき - Aki Kinashi - (left)
 

石川県金沢市生まれ。B型

5歳から父親の指導で民謡・演歌に親しむ。歌唱コンクール受賞歴多数。

17歳よりソングライティング   弾き語りをはじめ、都内ライブハウスを中心に活動する。

その一方で歌唱力をかわれてオールディーズ、ポップスバンドのボーカルとしてバンド活動を始める。

以降、音楽性の幅を広げる為、ソウル、R&B、レゲエ等 ジャンルを選ぶことなく様々なユニットに参加。

1995年、アコースティックデュオ LOGOS のリードボーカルとして活動開始。

ストリート中心の活動が話題を呼び

FM Nack5 AM文化放送等、数々のインディーズバンドコンテストで入賞。

1999年 マキシアルバム DETOUR を発表。

2000年にはコンピレーションアルバム 『ヨコハマファクトリー』でメジャーデビューを果たす。

2007年、Nā Leiに加入、現在に至る。

鈴木 建吾 - Kengo Suzuki - (right)
 

1977年市川市生まれ。小学生の頃から、クラシックギターを習い始める。

高校生の頃、ストリートライヴやソングライティングを開始。在学中にラジオ局主催のオーディションで

年間グランプリを獲得し19歳でメジャーデビュー。 同年BEGIN の全国ツアーのオープニングアクトに抜擢。

1999年 CX系ドラマ、「パーフェクトラブ」で主演の福山雅治氏が作詞作曲した挿入歌「Venus 」を唄う。

2002年「Time~時のしおり~」が『NHK みんなのうた』で放送される。

2003年 幕張メッセで行われた福山雅治のステージにコーラスとギターでサポート。

2007年「つぼみの頃」が仙台空港アクセス鉄道開業キャンペーンCMに起用、仙台でもライヴ活動を開始。

2008年12月には初のホールでのワンマンライヴを亀有リリオホールで行う。

翌年12月にも亀有リリオホール、そして仙台では初のホールライヴを戦災復興記念館にて成功させる。

藤木直人や上地雄輔などのレコーディングでギタリストとして参加するなど、現在も、全国各地様々な

場所でライヴを中心に活動中。

2015年2月よりNā Leiの新メンバーとして活動開始。

 

建吾のブログ

〜Remembering Ryuta〜

IMGP3515.JPG
山本 隆太 - Ryuta Yamamoto -
 

東京都港区生まれのピアニスト/シンガーソングライター。6才よりピアノを弾き始める。

15才で作詞作曲とギターを始め18才で渡米、各地でセッション。帰国後、様々なバンドを経て2002年よりピアノ弾き語りのシンガーソングライターとして活動開始。

ロックンロール、ブルース、ニューオリンズファンク、ハワイアン、沖縄音楽など様々なジャンルを融合した楽曲で紡がれるエンターテイメント性溢れるステージで都内を中心に全国各地でライヴ活動。

2007年、作詞した楽曲「うたのうた」がBEGINに取り上げられる。沖縄、東京、宮城の「うたの日コンサート」に参加する他自身のイベントも多数企画。2010年、ディズニーピクサー映画「トイストーリー3」日本語版エンディングソング「僕らはひとつ」の訳詞、歌唱を担当。2011年「ARABAKI ROCK FEST. '11」に「山本隆太トリオ」で出演。2013年「おきなわのホームソング」1~2月のうた「ボクのテンプス」の作曲、編曲、ピアノ、9~10月のうた「‘おっきなゔぁい!」の作詞、編曲、ピアノを担当。

2006年、Nā Leiに加入。アレンジャー、プロデューサーとしても活動の幅を広げた。
 

2017年5月6日午後8時59分、肺腺癌のため逝去。お別れ会では、山本隆太の人柄、音楽を愛する1,000人にもなろうかという大勢の方々に見送られての旅立ちであった。 彼の音楽はこれからも人々の記憶に残り、名曲「うたのうた」はいつまでも歌い継がれていくだろう。Ryuta will be always missed.

 

CONTACT US

◆出演依頼やお問い合わせはこちらのフォームからお願いします

◆*欄は必ずご入力ください

◆フォームにご入力いただいたEmail宛にお返事させていただきます

送信されました!